購読・書籍お申し込み 見本紙お申し込み(無料) メールマガジンのお申し込み(無料) お問い合わせ
シルバー新報のニュースサイト:Silver-news.com
ホームページ内検索
検索
facebook
Home シルバー新報について 福祉関連書籍 環境新聞社の事業
今週のピックアップ[その他] 記事一覧
認知症の人と共に社会を創造 当事者中心の就労支援に

  • 慶應大学大学院、“未来共創ハブ”スタート

     2050年に日本は認知症の人が1千万人を超えると推計される中、あらゆる分野の人々が協働し、認 知症になっても誰もが豊かに暮らせる社会の創造を目指す新たな活動体「認知症未来共創ハブ」が発足し た。  20日、都内でオープンイベントが開催。代表を務める慶應義塾大学大学院の堀田聰子教授は、 発足理由について、「認知症になっても家庭や地域、職場で役割を持って生きいきと暮らす人が増えてき た一方、日常生活で壁にぶつかり、うずくまっている人もたくさんいる。認知症の人が安心して過ごせる 社会を、当事者の思いや体験を中心に、あらゆる人が協働して創っていくことが必要と考えた」と話した 。(以下略)

  • (2018/11/22)
    添付資料
    定期刊行物のお申し込みフォームはこちら
    記事
    トピックス
    これまでの主なニュース
    全記事見出し
    各種情報コーナー
    イベント・セミナー
    刊行書籍
    資料
    その他
    お知らせ
    Adobe Readerダウンロード Adobe Reader
    ダウンロード
    PDFファイルの表示するにはフリーソフトAdobe Readerが必要です。
    ご使用のコンピューターにインストールされていない場合は、Adobe社サイトよりダウンロードしてください。
    サイトマッププライバシーポリシーシルバー新報発行案内メールのお申し込み広告のお申し込み
    環境新聞社
    (株)環境新聞社ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
    すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
    (c)Copyright2005 Kankyoshimbunsha,Co.,Ltd. All rights reserved.