シルバー新報のニュースサイト:Silver-news.com
ホームページ内検索
検索
facebook
購読・書籍お申し込み 見本紙お申し込み(無料) メールマガジンのお申し込み(無料)
Home シルバー新報について 福祉関連書籍 環境新聞社の事業
主なニュース 記事一覧
選択的介護モデル事業」をチャンスに マルシモ 訪問介護+ICT見守りに挑戦

  • 24時間365日営業が強みに

      豊島区が8月からスタートさせた「選択的介護モデル事業」でICTを活用した見守りサービスの提供に挑戦しているのが、マルシモ(下地正泰社長)だ。長年24時間対応の訪問介護に取り組んできた体制があればこそだ。モデル事業への参加をイノベーションのチャンスととらえている。 介護保険の訪問介護と保険外サービスを組み合わせて、ケアマネジメントに基づき利用するのが区の「選択的介護モデル事業」。ICTによる見守りもメニューの1つとなったが提案があったのは、2社6メニュー。そのうち、5メニューまでを提案しているのがマルシモだ。
     「24時間365日営業している当社の強味をいかせると考えました」 そう話すのは、下地社長だ。同社は短時間の巡回サービス中心の全国的にも珍しい事業形態の訪問介護事業所だ。本社と同じ場所のマルシモホームヘルプサービスは、常勤ヘルパー12人が2交替で働く。30代の男性が中心というのも珍しい。
      介護保険が始まる直前、24時間定期巡回の訪問介護サービスのモデル事業が全国で行われていた。下地社長が当時勤務していた会社が豊島区から事業を受託。その後、独立したが、事業形態は当時のまま守り続けている。頻回のサービスを必要とする障害者や難病患者が現在、利用者の約半数を占めるという。(以下略)

  • (2018/09/13)
    添付資料
    定期刊行物のお申し込みフォームはこちら
    記事
    トピックス
    これまでの主なニュース
    全記事見出し
    各種情報コーナー
    イベント・セミナー
    刊行書籍
    資料
    その他
    お知らせ
    お問い合わせ
    Adobe Readerダウンロード Adobe Reader
    ダウンロード
    PDFファイルの表示するにはフリーソフトAdobe Readerが必要です。
    ご使用のコンピューターにインストールされていない場合は、Adobe社サイトよりダウンロードしてください。
    サイトマッププライバシーポリシーシルバー新報発行案内メールのお申し込み広告のお申し込み
    環境新聞社
    (株)環境新聞社ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
    すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
    (c)Copyright2005 Kankyoshimbunsha,Co.,Ltd. All rights reserved.