シルバー新報のニュースサイト:Silver-news.com
ホームページ内検索
検索
facebook
購読・書籍お申し込み 見本紙お申し込み(無料) メールマガジンのお申し込み(無料)
Home シルバー新報について 福祉関連書籍 環境新聞社の事業
主なニュース 記事一覧
特養ホームで子ども食堂 清風園

  • モットーは「誰でもウェルカム」

     社会福祉法の改正により、地域貢献事業の実施が責務となった社会福祉法人。東京都町田市の賛育会が運営する特養ホーム清風園(東京都町田市)は、「高齢者と子どもが交流する居場所作り」を目指し、2016年度から「にこにこ清風食堂」と名付けた子ども食堂を開いている。地域貢献事業のモデル的な取り組みとして、東京都社会福祉協議会高齢者福祉施設協議会が推進する現場の1つだ。
     きっかけは、2015年に地域の民生委員から「地域で困っているのは高齢者ばかりではない、子どもたちにも目を向けてほしい」と言われたことから。「実施する前は、他の子ども食堂を見学したりして勉強しました。“貧困”を全面に出すと子どもたちが来づらくなるという学校の先生のアドバイスを受けて、誰でもウェルカムにしました」(施設長・吉田美香さん)。予約不要、月2回の定期開催、対象は中学生以下、食事代は百円、グループホーム利用者と一緒に食事、地域ボランティア中心に運営という基本方針を決めた。補助金もなく、当初は寄付集めに苦労し、協賛企業を募ったり、HPを立ち上げて、PRに努めた。
     食事づくりなどは全てボランティア。現在の登録ボランティア約30名は近隣住民が多く、仕事をリタイアした人やHPを見て参加してくれる人もいる。一緒に遊んだり、勉強を見てくれるお兄さん、お姉さん役として玉川大学で教員を目指す学生にもボランティアとして加わってもらい、特養の職員はローテーションを組んで、運営に携わる。(以下略)

  • (2018/09/13)
    添付資料
    定期刊行物のお申し込みフォームはこちら
    記事
    トピックス
    これまでの主なニュース
    全記事見出し
    各種情報コーナー
    イベント・セミナー
    刊行書籍
    資料
    その他
    お知らせ
    お問い合わせ
    Adobe Readerダウンロード Adobe Reader
    ダウンロード
    PDFファイルの表示するにはフリーソフトAdobe Readerが必要です。
    ご使用のコンピューターにインストールされていない場合は、Adobe社サイトよりダウンロードしてください。
    サイトマッププライバシーポリシーシルバー新報発行案内メールのお申し込み広告のお申し込み
    環境新聞社
    (株)環境新聞社ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
    すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
    (c)Copyright2005 Kankyoshimbunsha,Co.,Ltd. All rights reserved.