シルバー新報のニュースサイト:Silver-news.com
ホームページ内検索
検索
facebook
購読・書籍お申し込み 見本紙お申し込み(無料) メールマガジンのお申し込み(無料)
Home シルバー新報について 福祉関連書籍 環境新聞社の事業
主なニュース 記事一覧
緩和型研修5〜50時間

  • 都内自治体で格差

     4月、介護予防・日常生活支援総合事業が3年間の経過措置を経て施行される。この間、各地で自治体が生活援助だけを担う緩和型の訪問介護の担い手をどう育成しようとしていたか。東京都内を対象に調査してみた。  調査は昨年12月時点。聞いたのは、町村部を除く49自治体。うち、何らかの担い手掘り起こし研修を実施していたのは41自治体だった。2015年度当初から始めたのは8自治体。  次に分かれるのは、AかBかだ。 住民主体のいわゆるB型サービスの担い手を想定していると回答したのは11自治体。「いきなり就労はハードルが高いという指摘があった」という意見も。  一方、緩和型の生活援助サービスの担い手、つまり、就労に結びつけることを目的に研修を行っていると回答したのは、32自治体あった。所属先として、介護事業者のみを想定しているのは、文京区、台東区、江東区、渋谷区、葛飾区、八王子市、府中市、町田市、小平市、狛江市、清瀬市、西東京市。(以下略)

  • (2018/03/01)
    添付資料
    定期刊行物のお申し込みフォームはこちら
    記事
    トピックス
    これまでの主なニュース
    全記事見出し
    各種情報コーナー
    イベント・セミナー
    刊行書籍
    資料
    その他
    お知らせ
    お問い合わせ
    Adobe Readerダウンロード Adobe Reader
    ダウンロード
    PDFファイルの表示するにはフリーソフトAdobe Readerが必要です。
    ご使用のコンピューターにインストールされていない場合は、Adobe社サイトよりダウンロードしてください。
    サイトマッププライバシーポリシーシルバー新報発行案内メールのお申し込み広告のお申し込み
    環境新聞社
    (株)環境新聞社ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
    すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
    (c)Copyright2005 Kankyoshimbunsha,Co.,Ltd. All rights reserved.