シルバー新報のニュースサイト:Silver-news.com
ホームページ内検索
検索
facebook
購読・書籍お申し込み 見本紙お申し込み(無料) メールマガジンのお申し込み(無料)
Home シルバー新報について 福祉関連書籍 環境新聞社の事業
主なニュース 記事一覧
相続時 配偶者に居住権 民法改正案

  • 介護貢献の対価も要求可能

     法制審議会民法(相続関係)部会(部会長=大村敦志東京大学大学院法学政治学研究科教授)は16日 、遺産分割や相続発生時に残された配偶者の生活を保護する民法改正案をとりまとめた。配偶者がそれ まで住んでいた建物が遺産分割の対象となっても、継続して住み続けられる権利などを創設。また、相 続人以外の親族が介護や看護などをした場合、相続人に対して貢献度に応じた金銭を請求できる。22 日から始まる通常国会に法案を提出する予定だ。(以下略)

  • (2018/01/18)
    添付資料
    定期刊行物のお申し込みフォームはこちら
    記事
    トピックス
    これまでの主なニュース
    全記事見出し
    各種情報コーナー
    イベント・セミナー
    刊行書籍
    資料
    その他
    お知らせ
    お問い合わせ
    Adobe Readerダウンロード Adobe Reader
    ダウンロード
    PDFファイルの表示するにはフリーソフトAdobe Readerが必要です。
    ご使用のコンピューターにインストールされていない場合は、Adobe社サイトよりダウンロードしてください。
    サイトマッププライバシーポリシーシルバー新報発行案内メールのお申し込み広告のお申し込み
    環境新聞社
    (株)環境新聞社ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
    すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
    (c)Copyright2005 Kankyoshimbunsha,Co.,Ltd. All rights reserved.