シルバー新報のニュースサイト:Silver-news.com
ホームページ内検索
検索
facebook
購読・書籍お申し込み 見本紙お申し込み(無料) メールマガジンのお申し込み(無料)
Home シルバー新報について 福祉関連書籍 環境新聞社の事業
主なニュース 記事一覧
「働く人本位」で急成長 ケアリッツ・アンド・パートナーズ

  • 正社員ヘルパー中心、利益は人材に投資

     経営難に苦しむ訪問介護事業者が増えている中、2008年の創業以来成長を続けているのがケアリッツ・アンド・パートナーズ(新宿区、宮本剛宏社長)だ。経営方針は、利用者本位ならぬ「働く人本位」。正社員比率を高め、稼働率や売上げなど全て数値化して全社員で共有、利益も社員に還元する  。経営者として当たり前のことを貫いている企業だ。  ケアリッツは2008年、ITコンサルティング会社に勤めていた宮本剛宏氏が訪問介護事業で創業した。若干28歳。資本もなくゼロからのスタートだ。それが2017年現在、1都3県に訪問介護55事業所、デイサービス3事業所、居宅介護支援10事業所、サービス付き高齢者向け住宅2棟などを運営している。売り上げは36億円。短期間での急成長ぶりに、業界内でも目を見張る事業者は少なくない。 (以下略)

  • (2017/09/28)
    添付資料
    定期刊行物のお申し込みフォームはこちら
    記事
    トピックス
    これまでの主なニュース
    全記事見出し
    各種情報コーナー
    イベント・セミナー
    刊行書籍
    資料
    その他
    お知らせ
    お問い合わせ
    Adobe Readerダウンロード Adobe Reader
    ダウンロード
    PDFファイルの表示するにはフリーソフトAdobe Readerが必要です。
    ご使用のコンピューターにインストールされていない場合は、Adobe社サイトよりダウンロードしてください。
    サイトマッププライバシーポリシーシルバー新報発行案内メールのお申し込み広告のお申し込み
    環境新聞社
    (株)環境新聞社ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
    すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
    (c)Copyright2005 Kankyoshimbunsha,Co.,Ltd. All rights reserved.