シルバー新報のニュースサイト:Silver-news.com
ホームページ内検索
検索
facebook
購読・書籍お申し込み 見本紙お申し込み(無料) メールマガジンのお申し込み(無料)
Home シルバー新報について 福祉関連書籍 環境新聞社の事業
主なニュース 記事一覧
介護との連携を強化 10年度診療報酬改定の主要項

  • 同時改定に向け布石  

    12日に答申された2010年度の診療報酬改定は、手厚い急性期医療を評価する一方で、退院患者の受け皿として介護体制との連携をより一層強化する内容だ。2年後のダブル改定に向け、さらに布石が打たれたかたちだ。
    入院 医療崩壊を食い止めるために政治主導で病院での急性期医療重視に切り替えたのが改定のポイントとされる。中身をみると、一般病棟入院基本料では、入院早期(14日以内)の加算を現在より22点引き上げ450点とする一方、看護師の配置が少ない15対1の入院基本料は引き下げる。15対1の算定条件は平均在院日数が60日以内で最も緩やかだ。(以下略)

(2010/02/18)
添付資料
定期刊行物のお申し込みフォームはこちら
記事
トピックス
これまでの主なニュース
全記事見出し
各種情報コーナー
イベント・セミナー
刊行書籍
資料
その他
お知らせ
お問い合わせ
Adobe Readerダウンロード Adobe Reader
ダウンロード
PDFファイルの表示するにはフリーソフトAdobe Readerが必要です。
ご使用のコンピューターにインストールされていない場合は、Adobe社サイトよりダウンロードしてください。
サイトマッププライバシーポリシーシルバー新報発行案内メールのお申し込み広告のお申し込み
環境新聞社
(株)環境新聞社ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)Copyright2005 Kankyoshimbunsha,Co.,Ltd. All rights reserved.