購読・書籍お申し込み 見本紙お申し込み(無料) メールマガジンのお申し込み(無料) お問い合わせ
シルバー新報のニュースサイト:Silver-news.com
ホームページ内検索
検索
facebook
Home シルバー新報について 福祉関連書籍 環境新聞社の事業
今週のピックアップ[その他] 記事一覧
口腔内吸引 特養介護職でも可に

  • 厚労省方針 経管栄養は周辺業務

厚生労働省は10日、「特別養護老人ホームにおける看護職員と介護職員の連携によるケアの在り方に関する検討会」(座長=樋口範雄東京大学大学院教授)を開催し、現在、特養ホームでは、介護職員には医療行為として公式には出来ないことになっている機械を使った口腔内の吸引と経管栄養のうち一部業務を行えるようにする方針を示した。口腔内吸引は出来るようになるものの、中心業務を行うのは看護職員。介護職が行うのは主に、準備・片付けなどの周辺業務となる。対象も特養ホーム限定で「解禁」とは程遠い内容だ。一定の研修を受講し、看護職と連携して行うことなどが条件。今年度中にもモデル事業を実施し、研修の内容と業務指針を検討する。来年度にも実施を認めていく考えだ。 (以下略)

(2009/06/11)
添付資料
定期刊行物のお申し込みフォームはこちら
記事
トピックス
これまでの主なニュース
全記事見出し
各種情報コーナー
イベント・セミナー
刊行書籍
資料
その他
お知らせ
Adobe Readerダウンロード Adobe Reader
ダウンロード
PDFファイルの表示するにはフリーソフトAdobe Readerが必要です。
ご使用のコンピューターにインストールされていない場合は、Adobe社サイトよりダウンロードしてください。
サイトマッププライバシーポリシーシルバー新報発行案内メールのお申し込み広告のお申し込み
環境新聞社
(株)環境新聞社ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)Copyright2005 Kankyoshimbunsha,Co.,Ltd. All rights reserved.