購読・書籍お申し込み 見本紙お申し込み(無料) メールマガジンのお申し込み(無料) お問い合わせ
シルバー新報のニュースサイト:Silver-news.com
ホームページ内検索
検索
facebook
Home シルバー新報について 福祉関連書籍 環境新聞社の事業
今週のピックアップ[1面記事] 記事一覧
介護サービス情報ウェブ上で入力可能に かながわ振興会がシステム改善 訪問調査の予約も
二年目を迎えた介護サービス情報の公表制度。神奈川県の指定情報公表センター「かながわ福祉サービス振興会」では、初年度の事業所からの苦情を分析し、専用サイト上で、情報を記入できるようにしたり、調査日の指定ができるようにして運用面で改善を図った。手数料が事業者負担で割高、しかも利用者の役に立っているかどうか分からないと事業所サイドから大ブーイングの同制度。「天下り先の確保」の批判をはね返すには、運営側の工夫も問われそうだ。
「今年度からは、ウェブ上で事業者が自分の都合に合わせた日程で訪問調査の予約を取れるようにしたほか、基本情報の入力・チェックをできるようにしました」(瀬戸恒彦専務理事)
 振興会がシステムの改善を始めた理由の一つが事業者からの苦情の多さだ。昨年度の公表事業所数は、五○○○カ所。年間の事業者からの苦情・相談件数は三四○○件にのぼった。 
最も多かったのが、「調査票の記入方法」についてだ。苦情・相談全体の三分の一以上の一二○○件。続いて、「手数料」五○○件、「制度」三二○件となる。
 基本情報は、事業所が所定の書式に記入したものをセンターで公表する。昨年は個別にエクセルデータをやり取りしていたが、記入漏れや記載の間違いもある。振興会では、データを職員がいちいちチェックして修正を依頼していたが、見落としがある場合もあり、二度手間、三度手間になるケースもあった
(2007/07/27)
添付資料
定期刊行物のお申し込みフォームはこちら
記事
トピックス
これまでの主なニュース
全記事見出し
各種情報コーナー
イベント・セミナー
刊行書籍
資料
その他
お知らせ
Adobe Readerダウンロード Adobe Reader
ダウンロード
PDFファイルの表示するにはフリーソフトAdobe Readerが必要です。
ご使用のコンピューターにインストールされていない場合は、Adobe社サイトよりダウンロードしてください。
サイトマッププライバシーポリシーシルバー新報発行案内メールのお申し込み広告のお申し込み
環境新聞社
(株)環境新聞社ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)Copyright2005 Kankyoshimbunsha,Co.,Ltd. All rights reserved.