購読・書籍お申し込み 見本紙お申し込み(無料) メールマガジンのお申し込み(無料) お問い合わせ
シルバー新報のニュースサイト:Silver-news.com
ホームページ内検索
検索
facebook
Home シルバー新報について 福祉関連書籍 環境新聞社の事業
今週のピックアップ[その他] 記事一覧
「2カ月に1度」の推進会議 4分の1が開催できず

  • 認知症GH協会が調査研究報告書
  • 議題設定など 課題ありも6割超

    日本認知症グループホーム協会(木川田典彌代表理事)はこのほど、2006年度からグループホームが地域密着型サービスとなり、2カ月に1度の開催が義務付けられた「運営推進会議」について、制度化から4年経った現在でも4分の1に相当する24・4%のグループホームで開催頻度が守られていないなどとする調査研究報告書をまとめた。
    会議の運営に対して課題を感じているホームも6割に達しており、話し合う議題の設定がマンネリ化していたり、開催準備のための時間が作れないなどが理由となって開催への負担感につながっていることもうかがえる。同協会では、認知症に対する理解を深め、防災への対応を進めていく上でもグループホームが日常的に地域住民との協力体制を築いていく機会となる運営推進会議を有効に機能させていくことが重要だとして、会議を義務規定に位置付ける制度改正を検討することも必要だとしている。(以下略)

(2010/04/30)
添付資料
定期刊行物のお申し込みフォームはこちら
記事
トピックス
これまでの主なニュース
全記事見出し
各種情報コーナー
イベント・セミナー
刊行書籍
資料
その他
お知らせ
Adobe Readerダウンロード Adobe Reader
ダウンロード
PDFファイルの表示するにはフリーソフトAdobe Readerが必要です。
ご使用のコンピューターにインストールされていない場合は、Adobe社サイトよりダウンロードしてください。
サイトマッププライバシーポリシーシルバー新報発行案内メールのお申し込み広告のお申し込み
環境新聞社
(株)環境新聞社ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)Copyright2005 Kankyoshimbunsha,Co.,Ltd. All rights reserved.