シルバー新報のニュースサイト:Silver-news.com
ホームページ内検索
検索
facebook
購読・書籍お申し込み 見本紙お申し込み(無料) メールマガジンのお申し込み(無料)
Home シルバー新報について 福祉関連書籍 環境新聞社の事業
主なニュース 記事一覧
日本臨床倫理学会が発足

  • 実践に根差した倫理の構築を 新田理事長「介護職も参加を」
     「人生60〜70歳時代は病気を治すことが医療の判断基準でしたが、100歳を超える命が多くなった今は、本人の意思はもちろん、取り巻く社会状況や環境、宗教などをトータルに考えた上で、その人にとっての最善の医療を判断することが求められています。介護も看護も医師もみんな現場で悩んでいますが、そのことを共有していくことで、超高齢時代にふさわしい総合的倫理を築くことができると思います」  こう話すのは、10月に発足した日本臨床倫理学会の新田國夫理事長だ。  医療の充実・発展で超高齢社会を実現した日本。一方、例えば胃ろうや人工呼吸器などは、認知症の終末期の高齢者や回復の見込めない患者にとっては延命治療になりかねず、現場でも悩むケースが増えている。 (以下略)

  • (2012/11/15)
    添付資料
    定期刊行物のお申し込みフォームはこちら
    記事
    トピックス
    これまでの主なニュース
    全記事見出し
    各種情報コーナー
    イベント・セミナー
    刊行書籍
    資料
    その他
    お知らせ
    お問い合わせ
    Adobe Readerダウンロード Adobe Reader
    ダウンロード
    PDFファイルの表示するにはフリーソフトAdobe Readerが必要です。
    ご使用のコンピューターにインストールされていない場合は、Adobe社サイトよりダウンロードしてください。
    サイトマッププライバシーポリシーシルバー新報発行案内メールのお申し込み広告のお申し込み
    環境新聞社
    (株)環境新聞社ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
    すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
    (c)Copyright2005 Kankyoshimbunsha,Co.,Ltd. All rights reserved.